各部門のご案内

薬剤科

 薬剤科では、患者さんに安全で適正な薬物療法を受けて頂くため、患者さんの薬を調剤するとともに、医薬品の管理、供給、情報提供、患者さんへの服薬指導などを行っています。また、入院される際に持参される薬の有効利用やジェネリック医薬品の採用等にも積極的に取り組み、チーム医療においても、薬剤師として職能を生かす活躍をしています。

調剤業務

調剤業務 主に入院患者さんの薬を調剤しています。
 外来患者さんには院外処方箋を発行し、院外の調剤薬局で調剤して頂いています。
 処方箋が発行されると、薬の内容、投与量、飲み方、飲み合わせなどを確認し、疑問があれば医師に問い合わせをしています。患者さんが薬を正しく服用していただけるよう、一つの処方に対し薬剤師が二重三重のチェックをして正確な調剤に努めています。
 注射剤の調剤は、点滴(輸液)やアンプル・バイアルなどを個人ごとに取り揃えて調剤しています。調剤の際には内服薬と同じように処方箋の内容、用量、混合した場合の配合変化の有無などを確認します。

抗がん剤調製業務

抗がん剤調製業務 当院では、通院しながら抗がん剤の治療を受ける外来化学療法が行われています。抗がん剤の注射は薬剤師が投与計画書に照らし合わせ、処方せんの内容をチェックした後に、無菌的に安全キャビネット内で調製しています。
 患者さんごとに薬歴を管理し、身長、体重に対し薬の量が適切であるか、薬の投与間隔が適切であるかなどのチェックを行い、必要があれば医師に確認しています。
 その他、薬剤科では各診療科の治療計画の管理や、必要に応じて薬剤の説明を行っています。

薬剤管理指導業務(服薬指導)

薬剤管理指導業務(服薬指導) 薬剤師が入院患者さんのところに伺い、薬の飲み方や効き方などの説明、薬に関して疑問に思っていること、不安などを解決できるように情報提供を行なっています。またカルテ、看護記録、薬物治療歴、検査値などの確認をし、薬用量や相互作用、副作用など問題ないかチェックしています。
 入院時には、他の医療機関で処方された薬や普段服用されている薬を持ってきて頂いています。その内容を確認し、中止する薬や、続けて服用してもらう薬などを判断するための情報を医師・看護師へ提供し、アレルギー歴や副作用歴などの有無も確認しています。
 自己管理が難しい患者さんには、薬の一包包装(一回分ずつ薬をまとめて1つの袋に入れる)や1日分毎のケースセットを実施するなど、各々に合わせた管理を実施しています。

製剤業務

 治療上必要な市販されていない薬を作っています。

医薬品管理

 院内すべての部署においてある薬剤の品質を管理しています。温度、使用期限などを定め、在庫の管理を定期的に行っています。

医薬品情報管理

 病院で使用される医薬品の効果や副作用の情報を管理しています。医師や看護師に対し定期的に情報を発信し、また厚生労働省や製薬企業から新しい情報が出た時は、速やかに情報提供しています。医師や看護師、患者さんからの薬についての問い合わせにも応じています。

チーム医療

チーム医療 ICT(感染制御チーム)では、感染症の発生状況を調査し、抗菌薬使用状況の把握と適正使用の啓発を主に活動しています。抗菌薬の有効性・安全性を高めるためのTDM(治療薬物モニタリング)の実施、病棟のラウンドに同行するなどしています。
 NST(栄養サポートチーム)では、カンファレンス・回診に同行し、輸液や経管栄養剤の処方についての検討、提案を行っています。
 これらの活動を通して薬剤師の専門性を活かし、他部署スタッフと協力しながら、患者さんのより良い治療のために院内で活躍しています。