各部門のご案内

院内感染対策

当院の感染対策について

 当院は、神奈川県西部の地域医療をになう県立病院として病院理念にもあるとおり、社会の要請を担う政策医療を展開しており、第2種感染症指定診療医療機関、AIDS拠点病院としての機能も持っています。院内感染とは医療機関において患者さんが現疾患と別に新たに得た感染症や職員が医療機関において感染した感染症のことです。当院に関わる患者さんとその家族、職員に対して感染予防対策に取り組んでいます。また、日々の院内感染対策は、感染症対策会議及びICT(infection control team)を中心に活動を行なっています。
 院内感染対策とは、当院に関わるすべての患者さんを院内感染から守るために適切な感染防御対策に取り組むことを指します。

足柄上病院の病院理念
  • 「あ」 安全で安心な医療を提供します
  • 「し」 社会の要請を担う政策医療を展開します
         救急医療、小児医療、HIVを含む感染症医療
  • 「か」 患者中心の医療を実践します
         インフォームド・コンセントの徹底
         患者満足度の高い医療、患者の権利擁護
  • 「み」 魅力ある自立した病院を目指します
         患者にとっても、医療従事者にとっても
         経営的にも、環境面でも

神奈川県のエイズ拠点病院

当院の院内感染に関する組織

 ■感染症対策会議:病院長を長に診療部門、看護局、薬局、検査科、放射線科、栄養科、事務局
 ■ICT(infection control team)
 ■感染リンクナース会議:副看護局長、看護科長1名、各看護単位1名、感染管理認定看護師(CNIC)

 ※ ICTとは
   当院のICTは、感染症対策会議の委員の内、ICD(感染制御医師)・CNIC(感染管理認定看護師)を核として、医師、看護師、ICMT(感染制御認定臨床微生物検査技師)、薬剤師、事務職・(医療安全担当)等がメンバーとなり日々の院内感染対策に取り組んでいます。定期のICTミーティングや院内感染対策ラウンドの他、突発的な事例に対して、緊急ミーティングを開き日々活動を行なっています。

感染対策活動の概要
  • 耐性菌検出患者の検討・統計
  • 抗菌薬の適性使用について・血液培養と抗菌薬の使用状況調査と検討
  • 院内感染防止対策活動と評価
  • 感染防止マニュアルの改訂
  • 院内感染防止のための院内巡回・感染対策便りの発行
  • 感染防止対策研修の開催等
職員の対応

 感染予防対策として職員はマスクやエプロンなどで対応する場合があります。ご了承下さい。

受診される方へ

  • 咳や熱のある方はマスクの着用をお願いします。
  • 他院で貰った薬があれば持参してください。お薬手帳でも良いです。
  • 他院で何か「感染症がある」といわれた事がある方は診察時に教えてください。
  • 来院時や帰宅される時は手洗い(手指消毒剤の使用でも可)をしましょう。

面会に来られる方へ

  • 咳エチケットにご協力をお願いいたします。
  • 発熱や咳がある場合は面会をご遠慮ください。
  • 面会前、帰宅される時は手洗い(手指消毒剤の使用でも可)をしましょう。
  • 院内には様々な微生物が存在します。小さいお子様などは目を離さないようにしましょう。

ご面会の際には、手洗い・咳エチケットをお願いします

咳エチケットとは

 咳の際に唾液は約2m飛ぶと言われています。咳をするときは人から顔をそむけ、マスクをするか、テイッシュで鼻や口を押えましょう。使用したテイッシュはすぐにゴミ箱に捨てます。そのあとすぐに石鹸を使用し手洗いを行いましょう。