各部門のご案内

院内感染対策

当院の感染対策について

指針・目的

 感染症の患者と感染症に罹患しやすい患者が同時に存在することを前提として、医療行為における患者・職員への感染防止を推進するため、当院では、

  1. スタンダードプリコーション及び感染経路別予防策の実践
  2. 感染情報を共有
  3. 感染症発生状況の報告、分析、評価

 この3点の考え方を基本とした感染対策を行うこととし、患者、全職員、地域を含めた安全な環境確保を図る視点からも感染防止に取り組んでいます。

当院の院内感染に関する組織
  • 感染対策会議
    病院長を長に診療部門、看護局、薬剤科、検査技術科、放射線技術科、栄養管理科、リハビリテーション室、事務局の責任者が委員となり、感染対策の審議および推進を行っています。
  • 感染管理室
    感染制御の充実のため、院内組織として感染管理室を設置しています。
    (構成員)
    感染管理室長:感染制御医師(ICD)、感染管理室長補佐:感染制御医師(ICD)、感染管理室員(専従):感染管理認定看護師(CNIC)
  • ICT(infection control team):感染制御チーム
    感染防止対策の充実のため、院内感染対策会議の下部組織として、根拠に基づいた感染対策の実践が行えるよう組織横断的に活動を行うチームです。週1回の定期ミーティングや院内ラウンドを行うとともに、突発的な感染事例発生時には緊急ミーティングを開き、迅速な対応ができるよう活動しています。
    (構成員)
    ICD2名(感染管理室長、室長補佐)、CNIC(感染管理室員)、感染制御認定薬剤師(PIC)、感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)、事務職
  • AST(Antimicrobial Stewardship team):抗菌薬適正使用支援チーム
    患者さんが適切な抗菌薬治療を受けられるようにするため、また、薬剤耐性菌の発生を抑えるためにも正しい抗菌薬の使用や検査について専門的に確認・支援するチームです。
    (構成員)
    ICTメンバーと同メンバーで構成
  • 感染リンクナース会議
    看護部門における感染対策推進のための組織です。
    (構成員)
    副看護局長、看護科長1名、各看護単位1名、感染管理認定看護師(CNIC)
感染対策活動の概要
  • 耐性菌検出患者の検討・統計
  • 抗菌薬の適正使用について・血液培養と抗菌薬の使用状況調査と検討
  • 院内感染防止対策活動と評価
  • 感染対策マニュアルの改訂
  • 院内感染防止のための院内巡回・感染対策便りの発行
  • 感染防止対策研修の開催
感染防止対策にご協力お願いします

 当院は神奈川県の新型コロナウイルス感染症の重点医療機関として、以下の感染防止対策を行っています。

  • 新型コロナウイルス感染症の患者さんは専用の病棟内のみで療養していただいています。
  • 外来受診される方で、発熱等の症状のある方や新型コロナウイルス感染症が疑われる方は、発熱者外来にご案内し、一般外来とは別のエリアで診察をおこなっています。
  • 全職員は、毎日検温し体調不良時は適切に休み、受診等するよう組織で取り組んでいます。
  • 当院には感染管理室という部署があり、専門の知識をもったスタッフが感染防止対策を行っています。

職員の対応

  • 新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染予防対策として、職員はマスクやエプロン(ガウン)・フェイスシールドなど着用して対応する場合がありますのでご了承下さい。

外来受診される方へ

  • 入館時はマスクの着用をお願いします。(不織布マスクをお勧めします)
  • 来院時や帰宅される時は手洗いまたは手指消毒を行ってください。
  • 他院で「感染症がある」と診断されている方、2週間以内に「発熱、咳・痰、のどの痛み、呼吸困難、強いだるさ、味覚・嗅覚の障害、海外への渡航歴がある、新型コロナウイルス感染者との濃厚接触をした、下痢や嘔吐等の症状がある」方は入館時や診療科受付での体調確認時等の際にお申し出ください。

来院付添やご家族の方へ

  • 次に当てはまる方は来院を避けてください:発熱や風邪症状、味覚・嗅覚の障害、下痢や嘔吐等の症状がある方、新型コロナウイルス感染者との濃厚接触者の方

入院される方へ

  • 入院前にご自身の健康観察(体温測定と症状チェック)をお願いしています。入院のご案内時に説明がありますのでご協力お願いします。
  • 入院中は、就寝時と食事時を除きマスクの着用をお願いします。病院からマスクの配布はありませんので、入院中使用するマスクは各自でご用意ください。
感染対策向上加算に係る医療機関連携について

 当院は「感染対策向上加算1」を算定しております。

 令和4年度診療報酬改定に伴い、感染対策向上加算3又は外来感染対策向上加算、連携強化加算を算定される医療機関においては、加算1を算定している医療機関との連携が求められています。当院との連携を希望される場合は下記の<医療連携>欄を確認いただき、医療連携申請用紙に必要事項を記載の上、当院の地域医療連携室宛にFAXにてお申込みください。
 なお、詳細についてはお申込み受付後、近日中に感染管理担当より連絡いたします。

<医療連携>
  • 保健所、地域の医師会と連携し、加算3の医療機関と合同で、年4回程度カンファレンスを実施します(うち1回は、新興感染症の発生等を想定した訓練を実施)。
  • 加算3又は外来感染対策向上加算の医療機関に対し、必要時に当院が院内感染対策に関する助言を行います。

【お申込み方法】
 当院との連携を希望される場合はご連絡をいただき、医療機関情報等をご記入の上、当院の地域医療連携室宛にFAXにてご送付ください。

 令和4年度診療報酬改定により、感染対策向上加算3、外来感染対策向上加算、連携強化加算が新設されました。詳細は下記を参照ください。

感染対策向上加算3

【算定要件】
 入院初日+入院期間が90日を超える毎に1回に限り、75点の算定が可能。

【主な施設基準】

  1. 専任の常勤医師等からなる感染制御チームを設置。
  2. 少なくとも年4回程度 、感染対策向上加算1に係る届出を行った医療機関又は地域の医師会が定期的に主催する院内感染対策に関するカンファレンスに参加していること 。また、感染対策向上加算1に係る届出を行った医療機関又は地域の医師会が主催する新興感染症の発生等を想定した訓練について、少なくとも年1回参加していること 。
  3. 新興感染症の発生時等に、都道府県等の要請を受けて発熱患者の外来診療等を実施する体制を有し、そのことについて自治体のホームページにより公開していること 。
外来感染対策向上加算

【算定要件】
 患者1人の外来診療につき月1回に限り、6点の算定が可能

【主な施設基準】

  1. 専任の院内感染管理者が配置されていること。
  2. 少なくとも年2回程度 、感染対策向上加算1に係る届出を行った医療機関又は地域の医師会が定期的に主催する院内感染対策に関するカンファレンスに参加していること 。また、感染対策向上加算1に係る届出を行った医療機関又は地域の医師会が主催する新興感染症の発生等を想定した訓練について、少なくとも年1回参加していること 。
  3. 新興感染症の発生時等に、都道府県等の要請を受けて発熱患者の外来診療等を実施する体制を有し、そのことについて自治体のホームページにより公開していること。
連携強化加算

【算定要件】
 月1回に限り、3点の算定が可能。

【主な施設基準】

  1. 外来感染対策向上加算に係る届出を行っていること。
  2. 感染対策向上加算1に係る医療機関に対し、過去1年間に4回以上、感染症の発生状況、抗菌薬の使用状況等について報告を行っていること。なお、令和5年3月31日までの間に限り、基準を満たすものとみなすものであること。

診療報酬改定の概要

出典:「令和4年度診療報酬改定の概要」厚生労働省保険局医療課