各部門のご案内

検査科

 当院の検査科には、「検体検査」「細菌検査」「病理検査」「生理検査」の各部門がありそれぞれの特徴を生かして、安心で安全な医療が提供できるよう24時間体制で日々努力しています。

検体検査

 患者さんから採取された血液、尿、便等を4つの分野で多項目検査しています。至急検査では、迅速に検査を行い診療科に結果報告しています。
 病院内の栄養サポートチームや糖尿病チーム等のチーム医療に参加し、糖尿病チーム医療では、血糖測定機器や検査項目の説明も患者さんにしています。
 4つの分野をご紹介致します。

一般検査

一般検査 尿、便、髄液、体腔液等の検査を行っています。
 尿検査では試験紙を用いて、蛋白・糖・潜血などの出現を見る検査や、顕微鏡を用いて尿中の細胞種類について分類をしています。
 便の潜血検査は消化管出血の有無を調べるのに役立つ検査です。

血液検査

 血液検査では血球数(白血球、赤血球、血小板)の算定、白血球分類(好中球、リンパ球、単球など)、凝固機能検査を行っています。
 また、治療に反応しない貧血など更に精査が必要時は血球成分の生成臓器の骨髄を穿刺して生成状態を調べます。

血液検査 血液検査 装置

生化学検査

生化学検査 尿や採血した血液を遠心分離して上清を大型測定機器2台使用し、肝機能、腎機能、心機能、腫瘍マーカーや、メタボリック関係の中性脂肪、コレステロール、糖尿病関係の血糖、ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)等の多数の項目を測定しています。

生化学検 査遠心分離 生化学検 大型測定機器

輸血検査

 輸血検査の業務は大きく分けて輸血業務と検査業務の2つがあります。

輸血検査 輸血業務では、日赤血液センターから取り寄せた血液製剤の管理や、患者にその血液製剤を輸血しても副作用が起きないかを調べる交差適合試験を行っており、検査業務では血液型や感染症の検査の他に、輸血の際に副作用を起こす原因となる不規則性抗体の有無を調べる検査を行っています。
 その他に事前に自分の血液を採血し貯血しておいて、手術の時に使用する自己血輸血も行っています。

 血液の移植といわれる輸血ですので、患者さんにとって安全で安心のできる輸血が行えるように日々努めております。

輸血検査 交差適合試験 輸血検査 血液製剤

細菌検査

 顕微鏡で見える生物を微生物といいます。その微生物は大きさや構造から 原虫・真菌・細菌・ウィルス等に分類されます。
 当院の細菌検査室は、主に、細菌・真菌の検査をしています。また、インフルエンザウィルス・RSウィルスなど一部のウィルス等は、抗原を調べる迅速キットを使用し15~20分くらいで結果を報告しています。

細菌検査とは

 患者さんの喀痰や尿や膿など(検体といいます)から、細菌による感染を起こしているのかどうかを調べて(培養)、さらに、どんな薬(抗生剤)が効くのかを調べるのが主な仕事です。
 培地というものを用い、検体を塗ってから1晩~2晩フラン器で細菌を育てて検査をするため、結果が出るには時間がかかります。そのため、検体を直接スライドグラスに塗って細菌を調べる(グラム染色)塗抹検査を行い、迅速に報告を行っています。

 他に、ICT(院内感染対策コントロールチーム)の一員として、医師や看護師、薬剤師とも連携し院内感染対策に貢献しています。

微生物 細菌検査

病理検査

 当病院は、日本臨床細胞学会施設認定病院であり、病理医4名(常勤1名、非常勤3名)と臨床検査技師3名(細胞検査士1名)で業務を行っています。また、平成23年よりテレパソロジー(遠隔病理診断)を導入し、神奈川県立がんセンターとネットワークを結んでおり、より効率的に術中迅速診断を行うことができるようになりました。今後はこのネットワークを他の病院にも広げ、より診断に有効活用していく予定です。

業務内容

  • 病理組織診断(年間約1800件)
  • 細胞診断(年間約3600件)
  • 術中迅速診断(年間約30件)
  • 病理解剖診断(年間約3件)
  • 臨床病理カンファレンス(CPC)

病理検査 業務内容1 病理検査 業務内容1

病理医紹介

神奈川県立がんセンター 病理診断科 部長 亀田 陽一
横浜市立大学 病理学第2講座 教授 青木 一郎
横浜市立大学 病理学第2講座 村上 あゆみ
横浜市立大学付属市民総合医療センター 千葉 佐和子
生理検査

 生理検査室では、主に次のような検査を行っています。

心電図・長時間心電図・運動負荷心電図

 心臓の動きを電気的な波形で表す検査です。一般的には安静状態で記録し、健康診断や手術前の確認でも行います。また、長時間心電図(ホルター心電図)、運動負荷心電図(トレッドミル)はさらに詳しく不整脈や狭心症などの心臓病を調べるために実施します。

生理検査 長時間心電図(ホルター心電図) 生理検査 運動負荷心電図(トレッドミル)

超音波検査

生理検査 超音波検査画像 心臓、腹部、甲状腺、乳腺、頸部などに行っています。各臓器に超音波を用い検査を行い、それぞれの大きさ、形態の特徴、時には臓器内の血流や弁の動きなどを観察し、機能や計測した数値を記録する検査です。

脳波、筋電図検査

生理検査 脳波、筋電図検査 脳の活動電位や、手足などの神経、筋肉の電気的な波形を記録する検査です。睡眠して頂く場合もあります。

呼吸機能検査

 肺活量、努力性肺活量より、肺の大きさ機能を調べる検査です。

一般健康診断

 身長、体重、視力、聴力、血圧などの計測を行っています。