各部門のご案内

栄養管理科

 栄養管理科では、患者さんの1日でも早い回復を願って、安全でおいしいお食事の提供に努めています。
 入院中のお食事は、医師の指示のもと、治療の一環として患者さんの症状に応じたお食事を提供しており、特別な制限のない一般食においても、生活習慣病予防の観点から、栄養バランスの良い組み合わせをこころがけ、塩分量にも配慮した献立となっています。高血圧や心臓疾患等で塩分の制限が必要な患者さんの献立には無塩パンを使用しています。
 退院後も食事療法の参考にされたいなどのご相談に応じます。

 嚥下困難な方や、長期間お食事を召し上がっていなかった患者さんには、医師の指示のもと、嚥下訓練食を提供しています。段階を経て、お口から安全に召し上がることのできる嚥下訓練食をご用意しています。

嚥下食ピラミッド

行事食

 季節に合わせた「行事食」を提供しております。

ひな祭り(常食) ひな祭り(やわらか食)
ひな祭り(常食) ひな祭り(やわらか食)
 
ひな祭り(えんげ食)
ひな祭り(えんげ食)
栄養指導

 管理栄養士が、患者さんの病態に応じた食事療法をいたします。
 どのような食べ物をどのくらい食べたらよいか、また食べ方のコツや調理の工夫について患者さんの生活に合わせ、お一人お一人の食事内容についてお話します。

 ※ 栄養指導は、主治医からの予約が必要です。
 指導実施時間 ・月~金曜日の9時~16時30分

栄養サポートチーム(NST)

 NSTとは、Nutrition Support Teamの略で、栄養サポートチームのことです。医師、管理栄養士、看護師、薬剤師、臨床検査技師、作業療法士、理学療法士が協力し、より安全で有効な栄養療法を行うための医療チームです。当院では栄養管理科を事務局とし、NST専従管理栄養士をはじめとして稼動しています。それぞれの専門性を生かした役割を担っています。