診療科のご案内

放射線科 X線TV装置

X線撮影(X線テレビ撮影、内視鏡X線テレビ撮影)

X線TV装置 当院ではFPD搭載型X線TV装置を使用しております。従来のフィルム方式のX線テレビ装置と比較して少ない被ばくでの検査ができ、また撮影した画像をモニタで確認できるため検査結果の確定までの時間も短縮されます。
 食道や胃などの上部消化管検査や、大腸などの下部消化管、腎臓、膀胱などの泌尿器の検査ができます。また内視鏡と合わせての検査もでき、幅の広い検査が可能となります。内視鏡と合わせた検査の中で、当院で頻度の多いものにERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)があります。この検査は膵臓、胆道系疾患の診断や処置を目的とします。

検査の一部紹介

静脈性腎盂造影(IVP)

静脈性腎盂造影(IVP) 造影剤を上肢の静脈に注射して、経時的にX線撮影を行い、腎臓の機能や腎腎盂、尿管、膀胱の形態を調べる検査です。

嚥下造影

 X線を用いて食物の飲み込みの様子を観察するもので、嚥下時の食塊の通過の状態、喉頭、咽頭への貯留の有無、誤嚥の有無を確認することができます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

※ 上の再生ボタン ボタンをクリックすると、動画がスタートします。

get adobe flash player※Flash(flv)動画を御覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Flash Playerが必要です。右のアイコンをクリックすると、ダウンロードページが別ウィンドウで表示されますので、画面の指示に従いインストールしてください。

内視鏡的逆行性膵管胆道造影(ERCP)

内視鏡的逆行性膵管胆道造影(ERCP) ERCPは膵管や胆道に造影剤を注入し、カテーテルを挿入することで胆管や膵管を造影する手技です。この手技を用いて総胆管などにできた結石を排石することもあります。

気管支内視鏡検査(BF)

気管支内視鏡検査(BF) 肺や気管支に病気の疑いがある場合に、診断の確定を目的に実施される検査です。口から気管支鏡を挿入し検査を行います。肺や気管支を直接観察し、肺細胞・組織の一部を採取します。
 その後、それらの細胞・組織が良性か、悪性かを判定します。