診療科のご案内

産科医療補償制度のご案内

 産科医療保障制度とは、分娩に関連して発症した重度脳性まひの児とその家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、原因分析の実施等による産科医療の質の向上を図るたことを目的とした制度です。

 この制度は、妊婦の皆様が安心して産科医療を受けられるように分娩機関が加入するもので、当院も制度に加入しております。

 平成27年1月から制度が一部改正されました。

補償対象

 平成27年1月の出生より、補償対象となる脳性まひの基準等が改正されました。このため、平成26年12月31日までに出生した児の場合と平成27年1月1日以降に出生した児の場合では、在胎週数や出生体重の基準、および在胎週数28週以上の「所定の要件」が異なります。以下の①~③の基準をすべて満たす児が補償対象となります。

平成21年1月1日から
平成26年12月31日までに出生した児
平成27年1月1日以降に出生した児
①在胎週数33週以上で出生体重2,000g以上、
  または在胎週数28週以上で所定の要件
①在胎週数32週以上で出生体重1,400g以上、
  または在胎週数28週以上で所定の要件
②身体障害者手帳1・2級相当の脳性まひ    
③先天性や新生児期の要因によらない脳性まひ
補償金額

 1児あたり総額3,000万円

補償内容 支払回数 補償金額
準備一時金 1回 600万円
補償分割金 20回 120万円/年
妊婦登録

 妊産婦が産科医療補償制度に加入するためには、当制度への登録が必要となります。
 (所定の用紙に記入していただく必要があります)

 詳しくは、外来または受付にておたずねください。

費用

 1分娩あたり

  • 平成21年1月1日から平成26年12月31日までに出生した児の場合:30,000円
  • 平成27年1月1日以降に出生した児の場合:16,000円
問い合わせ先

 神奈川県立足柄上病院 医事課(内線)5102~4