診療科のご案内

PACS(画像管理システム)

DICOM 画像検像システム SYNAPSE QA

 従来は各医療装置からフィルム出力がなされていました。フィルムの保管方法は各診療科やフィルム倉庫と病院の悩みの一つでした。
 当病院においてもPACSが導入されフィルムレス運用となりました。各医療装置から集約された画像データを一元管理し24時間いつでも発信しています。
 DICOM画像検像システムSYNPSE QAが導入され、各種検査装置からDICOM画像を受信し、画像配信の前に表示条件や並び順、検査情報の修正、調整などを行い 院内の端末へ配信します。

 一般撮影では、救急患者の対応に撮影順番が必ずしもオーダ順ではない事が多々あります。その時に簡単に素早く濃度、コントラスト以外にも周波数処理、ダイナミックレンジ圧縮処理など診断に要求される画質を調整し提供しています。

PACS(画像管理システム)