診療科のご案内

血管造影検査(アンギオグラフィー)

血管撮影装置(SIEMENS社製 Artis zee BA PURE)

血管造影検査(アンギオグラフィー)とは?

 動脈または静脈からカテーテルと呼ばれる細い管を挿入し、X線と造影剤と呼ばれる薬液を使い血管の形態や血行動態を観察および治療をする検査です。心臓だけではなく、頭部や腹部、下肢など様々な部位の血管撮影が可能です。
 血管の狭窄や閉塞などの血管病変に対しての血管の拡張や再開通を図る血管形成術。出血や腫瘍などの血管を塞栓する血管塞栓術。抗がん剤を使った動注療法などの血管撮影領域における治療などが行われます。また、不整脈の治療としてペースメーカー埋め込み術や高周波電流で治療するアブレーションも行っています。

血管撮影装置

 当院の装置は最新式のX線検出器(フラットパネルディテクタ:FPD)を搭載しています。画像解像度が高く、診断・治療の精度向上が期待されます。また、検査ではX線を用いるため被ばくが伴いますが、X線検出器によって高画質を維持したまま、検査を受ける方の被ばくを低減することが可能です。

血管撮影装置
SIEMENS社製 Artis zee BA PURE