セクション紹介

手術室

手術室

 手術室は4室で各部屋毎に色別され、音楽を流し、入室時には医師、看護師が出迎えます。また手術前日に患者さんを訪問し、顔見知りの看護師が出迎えることで、少しでも不安が軽減されるように努めています。
 平成24年度は総手術件数1671件で、65歳以上の患者が63.1%を占めています。手術は各臓器の腫瘍切除や腹腔鏡下の腸や胆嚢摘出術、人工関節置換術、経尿道的膀胱腫瘍切除術、脊椎手術、白内障手術等です。
 手術室では、ポジショニングや褥瘡予防KYT等の安全対策、術前オリエンテーション用DVDに関わる研究、看護学生のインターンシップ実施による教育、術前手洗い法に関わる経営的業務改善等、スタッフ個々が自己の能力を最大限に生かせるよう協力し合っています。また周術期看護の充実を目指し、医師、看護師、技能員、事務員、清掃や洗浄・滅菌業務担当の方々と力を合わせ、患者さんが安心・安全に手術が受けられるように努力しています。