継続教育

継続教育

教育目的

 変化する医療ニーズに応え、地域に根ざした患者中心の医療・看護が提供できる看護職員を育成する。

教育目標
  1. 患者の個別性に応じた、安全で安心な看護サービスが提供できる
  2. 看護の専門性を追求し、自立した看護実践ができる
  3. 看護の本質を追究し、看護観を発展させていくことができる
  4. 他者との関わりの中で、豊かな人間性を培うことができる
  5. 専門職業人として、自らが学ぶ姿勢をもち、計画的にキャリア形成を行うことができる
キャリア形成・支援システムを活用した継続教育
  1. キャリア形成・支援システム
     キャリア形成・支援システムとは、「神奈川県立病院看護指針(以下指針とする)」を基盤とし、看護職個人と組織との相互作用を基本とした、キャリア形成を支援するシステムです。これを構造化したものを以下に示します(図1)。
     その概要としては、看護職がキャリアを形成していく過程で核となるのは倫理観であり、日々の看護実践の中でその感性を磨き、常に倫理に立ち戻りながら、3つの力「看護実践力」「看護管理力」「看護教育力・看護研究力」を自ら培っていきます。その中で、キャリアパスを道しるべとしながら自ら目指す方向性を模索し、キャリアカウンセリングを受け、キャリア形成を意識しながら看護実践していきます。看護職としてキャリア形成において看護実践は最も重要な要素であり、実践での体験を研修等を通して意味づけ、更に実践で活かし、暗黙知から形式知へと転換していきます。3つの力を段階的に培っていくために5段階のステップをとり、組織として個人のキャリア形成を支援しています。
     当院においては、このキャリア形成・支援システムに則って継続教育を組み立てています。キャリアパスに関しては図2、院内研修・院外研修関しては図3に示します。
  2. 各ステップにおける能力別到達目標(キャリアパス参照)

図1 キャリア形成支援システム構成図
図1 キャリア形成支援システム構成図


図2 キャリアパス
図2 キャリアパス


図3 院内研修・院外研修
図3 院内研修・院外研修