継続教育

継続教育

教育目的

 変化する医療ニーズに応え、地域に根ざした患者中心の医療・看護が提供できる看護職員を育成する。

継続教育

 キャリアパスは、キャリア形成していく過程において、組織における教育・研修の機会を活かしながら、自分の看護師としての将来を描くための道しるべとなります。研修は看護師に必要な「看護実践能力」「看護管理能力」「教育研究能力」の3つの要素から成り、段階を追って到着目標の難度が上がる体系になっています。

ステップ到達時期と到達目標
ステップV
11年目以上
  • 組織内外の調整をし、質の高い看護を実践できる
ステップIV
5年目~主任看護師
  • 予測的判断のもと、専門的知識や技術を用いた看護を実践できる
ステップIII
4年目~6年目
  • 専門職業人として対象を統合的に理解し、個別的な看護を実践できる
ステップII
2年目~3年目
  • 知識を深め、根拠に基づいた看護を実践できる
ステップI
卒後1年目
  • 指導を受けながら基本的な態度・知識・技術を習得し、基準・手順に沿って安全・安楽な看護を実践できる

図1 神奈川県立病院機構看護職員の能力開発及びキャリアパス
図1 神奈川県立病院機構看護職員の能力開発及びキャリアパス