外来のご案内

もの忘れ外来

 高齢化社会に伴い、認知症を発症する方が増えてきました。認知症の原因は、アルツハイマー病、びまん性レビー小体病、脳梗塞など様々ですが、多くの場合、もの忘れが最初の症状です。認知症の根本治療薬は残念ながらまだありませんが、疾患によっては、進行をある程度、遅くすることもできるようになってきました。このため早期治療が必要と言われています。

 もの忘れがすべて認知症ではありませんが、気になる方はご相談ください。

担当医師及び診察日時

 毎週金曜日午前中に、神経内科の内藤誠医師が担当いたします。
 初診の方は、他の医療機関からの「紹介状」をお持ちください。(平成27年4月より)

診察

 1号館2階の総合診療科診察室にて診察いたします。

料金

 保険診療となります。診療報酬制度による料金を請求させていただきます。
 ただし、ご家族の方のみが受診された場合、保険診療となりませんのでご了承下さい。