研修医

足柄上病院 脳神経外科臨床研修プログラム(自由選択科目)

対象

卒後初期臨床研修:ローテート方式

研修期間は、1ヶ月以上

研修目標(GIO)

 脳・脊髄および末梢神経に関わる疾患の疑われる患者に対し正確に神経学的所見が取れ、必要な補助検査を行い、それをもとに疾患診断、病巣の局在診断ができ、専門医の加療が必要であるか否かの判断ができるような知識、技術を身に付ける。
 また、脳神経外科的救急疾患に対する診断と重症度評価および初期治療が行えるような知識、技術を身に付ける。
 指導医と共に入院患者を担当し、各種検査や手術に参加し、基本的な手技を学ぶと共に術前術後管理やその他の診療について習得する。また、救急患者の初期診療を学ぶ。
 脳神経外科を専攻しない者であっても最低限知っておくべき疾患、病態について知識をもつ。
 例:くも膜下出血などの脳血管障害、急性頭部外傷と慢性硬膜下血腫、 頭蓋内亢進症候、脳ヘルニア、けいれん発作など

行動目標(SBO)
  1. 神経学的所見を正確にとることができる。
  2. 頭蓋内亢進症候、脳ヘルニア、けいれん発作などの病態を理解できる。
  3. 意識障害の評価および鑑別が正確にできる。
  4. 脳・神経系の画像診断方法(機器)の必要適切な選択ができる。
  5. 脳・神経系の画像所見の判読診断ができる。
  6. 電気生理学的検査の意義、適応を理解できる。
  7. 疾病に対し必要かつ適切な検体検査を依頼できる。
  8. 各種検査結果、神経学的所見から疾患を列挙できる。
  9. 手術や検査に緊急性のある病態の診断基準と対処法を理解できる。
  10. 指導医のもとに脳神経外科的救急患者の初期治療ができる。
  11. 指導医のもとに急性期および術前術後の患者の管理ができる。
  12. 意識障害患者の診察、治療ができる。
  13. 心肺蘇生法を身につけ静脈確保、導尿、胃管挿入、動脈穿刺、気管内挿管ができる。
  14. 中心静脈カテーテルの挿入ができる。
  15. 腰椎穿刺ができ、髄液所見を評価できる。
  16. 脳血管撮影の手順、手法を理解し、指導医の下に参加できる。
  17. 脳神経外科手術の基本を理解し、指導医の下に参加できる。
  18. 指導医の下に創処理、穿頭術の執刀を経験できる。
研修方法
  1. 病棟において入院患者を指導医と共に担当し、診療を研修する。
  2. 救急患者の初期診療を指導医のもとで体験、研修する。
  3. 脳血管撮影等の脳神経外科的検査に参加し、指導医のもとで手順を覚える。
  4. 手術に助手として参加し、直視体験し、基本的手技を研修する。
  5. 教材は、脳神経外科として指導医の蔵書を含め多数あり、利用可能。
    学生時代の脳神経外科学教科書を必携すること。
週間スケジュール

  午前 午後
病棟回診処置\手術 手術・術後管理
病棟回診処置 脳血管撮影等
病棟回診処置 特殊検査\部長回診
病棟処置\手術 手術・術後管理
病棟回診処置 カンファレンス
病棟回診処置  

 随時、救急受診に対し、救急処置室で診療。予定外の検査、手術が多く、スケジュールの変更あり。

脳神経外科の概要
  1. 病床数 12床(脳神経外科病棟、救急病棟、小児病棟)
  2. 常勤医 3人
  3. 日本脳神経外科学会認定研修施設
  4. 特 徴 脳血管障害を主として外傷、腫瘍等総合的に体験できる。
         救急診療の比率が高い。