専門・認定看護師等紹介

がん性疼痛看護認定看護師

香川 仁美
香川 仁美

 最も大切にしていることは、患者さんに「がんの痛みをがまんさせない」ことです。
 ご自分の感じたままを、医療スタッフに遠慮なくお伝え下さい。

丸岡 陽子
丸岡 陽子

 痛みを抱えながら治療をしている患者さんと共に痛みの原因を探り、痛みが少しでも和らぎその人らしく笑顔で過ごせるよう、鎮痛薬の使い方や緩和方法を看護実践しています。

善波いづみ
善波いづみ

 がんの痛みは、がんの治療中の患者さんの約半数に見られます。痛みの感じ方は人それぞれ違います。早めに痛み止めを使い日常生活を楽に過ごすことができるよう支援します。